【シングル】チカベアバレ

2016-05-15T02:34:41+09:00

Posted by あゆかぜ

0

シングル構築


2100にわずかに足らなかった構築(※別構築で今期2100自体には到達してます)

kangaskhan-mega.gifhippowdon.gif
klefki.gifcharizard-megay.gif
sylveon.gifdragonite.gif

ガルーラ@ナイト
ようき きもったま→おやこあい
181-177-120-*-120-167 ※メガ後
ねこだまし すてみタックル れいとうパンチ じしん

カバルドン@たつじんのおび
いじっぱり すなおこし
201-179-151-*-91-68
じしん かみくだく リベンジ なまける

クレッフィ@ひかりの粘土
ずぶとい いたずらごころ
164-*-157-*-108-95
イカサマ ひかりのかべ リフレクター でんじは

リザードン@リザードナイトY
おくびょう もうか→ひでり
153-*-98-211-106-167 ※メガ後
オーバーヒート きあいだま ソーラービーム かえんほうしゃ

ニンフィア@こだわりメガネ
ひかえめ フェアリースキン
175-*-112-178-150-80
ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー岩 はかいこうせん

カイリュー@こだわりハチマキ
いじっぱり マルチスケイル
183-201-116-*-128-111
げきりん しんそく ばかぢから ほのおのパンチ



・開発経緯

スプラトゥーンしていて仲の良いトレーナーが考案していた壁+メガネニンフィアの強さに惹かれ、そこをスタート地点として
「壁+火力アップアイテムによるごり押し」をテーマに構築した。
壁による数値の確保を行うことで、対面系の並びに対して突破ルートを壁で封じつつごり押しでイージーウィンを狙えることが可能となる。

構築として組み上げたのは真皇杯開催のころでその内容についてはこちらを見て欲しい、向こうで結果も載せているが、北陸予選でベスト8まで勝ちあがっている。

もっとも、構築としては既にその状態で完成しているため(ベース構築の変更すべき点についてもこの後一応述べていく)、久しぶりのレート完全復帰ということもあり自分の中で使いたいポケモンを詰め込んでどこまで勝てるかやってみようという方向で好きなポケモンを詰め込んで構築を改悪して使った。

レート後期まで安定して勝てていたが、現在のレートはクレセドランが大幅に数を増やすなどニンフィアカイリューが一貫しにくい状況になっているので、いったん解散することとした。キノガッサに対するメタが薄めなのも大きい。

厨パ系統には非常に強かったため、環境が動くか別のアタッカーを発見できれば再び活躍できるだろうと考えている。


個別解説


・ガルーラ
kangaskhan-mega.gif

補完枠としてのようきAS、ねこ+捨て身で処理できる範囲の広さを活かして先発としても後発としても強い。
実際のところようきASだろうが壁貼っておけば無茶苦茶強くなるので、壁との相性が悪いわけではない、むしろ良い。

ねこだまし+捨て身タックル以外ではれいとうパンチは必須として、残りの一枠は今回地震にしているが、噛み付くでも良い。
元構築は対受けループを意識してグロ雪崩だが、実際のところ受けループ意識でもかみつくでなんら問題ないのでかみつくが正解だろうと思う。


hippowdon.gif
・カバルドン
意地ガルの猫捨て身耐え
帯リベンジ+砂二回でH4B4ガルーラ確定
無振りガブが地震で90%乱数2

汎用カバルドン、なんで「汎用」なの?って思った人は汎用スイクンでググれ。
対厨パに対する高い先発適正を持ちガルゲンバシャすべてに打点を持つ。
スイクンやクレセリアに対しても地震やかみくだくでゴリゴリ削れるので十分裏のガルの圏内に持ち込める。
秘密ガルに対しては秘密二回の動きに馬鹿力をすると負けるのでリベンジは馬鹿力にはできない。馬鹿力にしたい場合は珠を持たせるべきだろう。

受け性能はないが、カバルドンとは思えない崩しの速度を持ち、特殊ガルをワンキルできるのが中々に強力なので十分に実践級の強さがある。選択肢の一つにあげてよい強さといえる。


klefki.gif
・クレッフィ

クッション兼壁役。ガルーラに必ず一回繰り出しができることが非常に強い。
ガルゲンガーマンダとメジャーなメガシンカに繰り出しできるという点でオンリーワン、代役は居ない。
壁クレッフィについて言うことはそれほどないが、ガルーラに繰り出した場合はリフ→電磁波の流れの方がアドを取りやすいことを憶えておこう。

ボルトロスのクッション性能が疑われつつあるし、こういうごり押し系クッションではクレッフィの方が優秀だろう。

charizard-megay.gif
・リザードン

崩し枠。ガルーラが通しにくい並びを崩す。
リザードンはガブリアスに弱いが、ガブリアスを選出せざるを得ない状況に追い込めると考えれば逆に強いのではないかなどと思ったり。

予想以上に強かったが後期はゲンガーだったらなあと思う場面が多かったので元構築どおりにゲンガーの方が強いのは間違い無さそう。

実は一番壁との相性が良くない、いやまあ4倍弱点あるし仕方ないんだけど。


sylveon.gif
・ニンフィア

ごり押し枠
メガネニンフィアの足りないのは耐久数値なので、それを壁でカバーすることで最強ポケモンが完成する。

こちらも特に言うことはないが、一応サブウェポンについて

サイコショックは耐久に振らないゲンガーを倒すために必須、振られてもクレッフィのイカサマやガルのきもったまねこだまし圏内に確実に持ち込める
ただし、ギルガルドに一貫するシャドーボールも有用なので、このあたりはメガ枠との兼ね合い。
めざめるパワーは今回は岩で採用したが、ヒードランに対する地面でも良いし、実際地面が欲しかった場面も多かった(特に後期)
最後は破壊光線やいびきだが、メガネニンフィアは対ガッサも結局安定しないし、催眠ループにメガネで合わせるのも難しいためワンチャン範囲を広げる破壊光線でよいだろう、ねこのないガルに対面勝てるのは非常に優秀。

先発で投げて不利が来たらクレッフィに引く動きがやりやすいので、地味に先発適正も高め。
フェアリー二枚で相性補完成立するのは意味不明すぎる。

dragonite.gif
・カイリュー

ごり押し枠
技範囲、先制技、対ボルトバシャーモなどを考慮するとガブリアスよりこちらの方が強いと判断しカイリューをチョイス。
ゲンガー対面でラムと鉢巻の択を押し付け、相手の行動を乱すこともできる。

Sの遅さが少し気になったが、実際神速が強くて勝てる場面も多かった。
また、ガブリアスに逆鱗を撃たせてニンフィアで止めるような動きや逆に地震を撃たせてカイリューで透かすなどもできる。
拘りガブがとても動きにくい並びを組めることは大きい。

耐久振りガルーラのねこだまし+捨て身タックル耐えは捨て身+鉢巻神速できれいに落ちる、また逆鱗の指数もガブの一つ上なのでクレセに対する突破力でも上回る。


サブウェポンはナットレイやハッサムを殴るための炎Pと一応麻痺をいれたガルーラを倒すための馬鹿力

こちらもクレッフィ投げで不利対面をカバーできるので、先発としても十分投げていきやすい。
後発での神速の詰めと先発での崩しの両方を活かすポケモン。





基本選出

・カバガルニンフ
対厨パ選出、初手スイクン以外にはほぼ勝てた、構築公開したので知ってる人にはたぶん無理

・ニンフクレフリザorガル
初手ニンフの通りやすいバシャ系へ
不利対面はクレフバック

・ガルクレフカイリュー
ニンフの出しにくい厨パ亜種へ

・ガルカバカイリュー
ガブ入りクレセドランへガブ選出を読んで





最高レート2090ぐらい、五回ほど2100チャレンジして全部負けてるのでまあそこが限界なのだろう。
構築を変えたらわりとあっさり2100にいけたので、まあそうですねといった感じ。

中身を見てもらえれば分かるが、クレッフィ以外全て火力アップアイテム持ちであり、ここまで攻めに特化した並びを組めたのは中々新鮮であった。
久しぶりに高レートで戦って自分のプレイングの不足など弱い部分を如実に知れたので、復帰最初の構築として2100到達できる構築ではないが公開するものとする。



おまけその1

元構築の解説(こちらで採用しなかったポケモンのみ)

向こうの文章では分からないところもあるだろうと思うので補足、最初に述べたように構築としての完成度は元構築の方が高いので参考にして使用するならそちらから考えはじめてほしい。


・メガゲンガー

採用意図は
・バシャーモを釣って対面で崩せる
・壁との補完に優れ、かつ壁への依存性が低い
・構築の軸であるニンフィアクレッフィとの相性補完ができる
・型の誤認を狙える

壁構築においては鬼火祟り目がメジャーだが、鬼火祟り目は技範囲を狭めざるを得ず、ゲンガー特有の攻撃範囲を落とすことになる。よって、3ウェポン道連れとした。特にきあいだまとヘドロ爆弾の両立は崩しにおいて非常に優秀である。

構築単位でバシャーモが重いのでバシャーモを誘いつつ狩るということを勝ち筋に加えて耐久振り控えめ、壁とのシナジーも大きい。

元記事で述べられてるとおり、こちらが主役でありこれを抜いた自分の構築が大きく劣化したのは当然と言える。



・ランドロス

補完枠
採用意図は
・あくびループを脱出できる
・電気、地面の一貫を切れる
・受け構築を崩すことができる
・バシャーモ、クチートに強く見える
・最低限壁とのシナジーも持て、壁の必要が薄い

当初は霊獣ボルトロスだったが、バシャーモに対して露骨に薄すぎたことや崩しの不足からランドロスに変更された。

爆発は受け構築崩しや起点回避など回答範囲を大きく広げることができるため、今回趣味でいれたカバルドンよりもこちらの方が立ち回り安いだろう。

爆発採用による撃ち分けがしたかったのでヤチェで採用。

バシャーモはゲンガーで釣り殺すが、そのためにはゲンガーで釣ってることがバレバレだと不味いので分かりやすい対策枠は必須。




おまけその2

北大阪オフで使ったもの(変更点のみ)
hippowdon.gif
カバルドン
なまける→ストーンエッジ

kangaskhan-mega.gif
ガルーラ
じしん→かみつく

charizard-megay.gifheracross-mega.gif
リザードン→最速メガヘラクロス

sylveon.gifazumarill.gif
ニンフィア→鉢巻マリルリ

dragonite.gifthundurus.gif
カイリュー→オボン巧み挑発ボルト


結果はカバが凍ってマリルリがアクアテール外しまくったということで察してください。
ヘラクロスは悪くないと思いました。

トラックバックURL

http://ayukazepoke.blog.fc2.com/tb.php/167-32cbeabe

前の記事 次の記事